その1からの続きになります。

競馬で借金を返済
そんな辛い状況の中、一応、会社、クライアントの前では何事もなかったように振る舞ってていました、当たり前ですけど。
こんなことは誰にも相談できませんですしね。

ちなみに、両親にはすでに100万円借りていましたので、もう頼ることはできませんでした、絶対に。もちろん、友人にも同僚にもです。
友人や同僚に大金借りようとするほど世間知らずではないつもりです。

この半年ぐらいまでは付き合っていた娘がいましたが、このときは別れていました。
つまり、借金でこんなに苦しんでいたことは誰も知らず、一人で抱え込んでいました。

管理人のりお管理人のりお

これもいけなかったのかもしれませんね、と言いつつも、こんなこと相談されてもされた方は困るだろうしね。経済的な問題って、相談されても困りますよね。話聞くだけならできるけど、助けることはできない。利害関係のない他人に貸し借り含む金銭援助なんて決してやるべきではないと思っていましたし(今でもそうですけど)。それが現実ですよね。

YES/NOの質問に答えるだけで穴にぴったりの借金解決方法を見つける >>

それは分かっていましたので、両親に一度だけ頼りましたが、これ以上は誰にも相談できないと思っていたんです。

この時点ではまだ債務整理とかは考えていませんでしたね。
考えていなかったというか、選択肢になかったと思います。
頭の片隅にもよぎりませんでした。

そういうのがあるってよくわかっていないこともありましたが・・・

少しでもあればそうしていたとはずですから。まあ冷静ではなかったということです。
「どうしようどうしよう」だけでしたよね。

管理人のりお管理人のりお

これも教訓になりましたが、人間、テンパるとダメですね、少なくとも私はダメでした。まともな思考ができなくなる。

このちょっと前に競馬で稼いで借金を返そうなんて実際に競馬していましたから。
休みになると、後楽園や立川のウインズに通っていましたからね、一時期。

勝つこともありましたけど、トータルでみれば大負けです。
多分、半年くらいで30万円ぐらいは負けたと思います。まあ、当たり前です。

客観的にみれば、まともな考えではないです。競馬を否定するつもりはりません(競馬は、です。パチンコは否定しますけど)が、あれは儲かるものではないですよね。楽しむものです。

とにかく、この時点では債務整理は考えていませんでした。
それでも、「最終局面」であることはわかっていました。最後の賭けに出ようと考えていたことはハッキリと覚えています。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1