駅のそばの・・・

「法律事務所のボス弁と面談」からの続きになります。

結構疲れていた

長い1日でした。そう感じてました。帰りの電車は結構混んでいましたが、つり革につかまりながらウトウトしていたと思います。家に着いてからも、スグに翌日速達で送るカードを出してきてはさみを入れて、郵送の準備をして、ちょっと横になっていたらまた寝てしまいました。
寒さで目を覚ましました。こんなシーン、何日か前にあったなと思いながら、風呂に入りながら、やたら腹が減っていることに気づきました。まあ、夕飯食べてないし、ここ数日は、あまり食べてなかったし・・・なんて考えていた覚えがあります。
この日の会社へ行く前に体重計に乗ったら、ここ1週間ぐらいで4キロ近く落ちていることが分かりました。このとき、極度の悩みは体重が落ちると言うことを知りました、恋をすると痩せるなんていいますが、そういうことなんですね。いずれにせよ、数日前とはだいぶ気分が違います。まだまだこれからなのですが、「光」が見えてきたことが大きいようです。

法律事務所から電話あり

任意整理を依頼してからしばらくは特に何もなく、時間が過ぎています。ちなみに、この間、返済期日が来ている借金があったのですが、支払っていないし、取り立てもありません。相談員さんが言っていた通り、止まっているようです。強いて言えば、依頼してから2ヶ月ぐらい経過したときでしょうか、例の相談員の方から携帯電話へ連絡がありました。
相談員相談員

○○さん、お久しぶりです。いかがですか?連絡がないので、特に問題はないと思いますが・・・

実際何もありません。2,3こちらの状況を聞かれて本題に入ります。
相談員相談員

(債権者の)××なんですが、契約書は見当たりませんか?取引履歴開示に若干手間取っている状況です。契約書があれば話は早いのですが・・・

「駅の傍」でゴネる(笑)

債権者の一つである××(東京を中心に関東近隣で商業ビルを経営している会社。信販みたいなこともしている)が、取引履歴開示にのらりくらりで応じないそうなんですね。何でも、この会社はその点で(当時は)有名だそうで、こういうことが結構あったそうです。もっとも、この債権者だけ進展が遅れているということで、他の債権者は概ね順調とのこと。なにぶん、この債権者とは大学生時代から利用していたので、さすがに契約書の類はありません。
そう伝えると
相談員相談員

そうですか。わかりました、最終的には大丈夫なんですが、もう少しかかりそうです


とのこと。
まあ、いいです。そういうところもあるかもしれないと事前に聞いていたし、「やっかいな」会社らしいし。どこかはここでは公言しませんが、東京では有名な企業です。ターミナル駅でファッションビルをいくつか運営していますから(ここまでいうと東京の人は分かるかもしれませんね)。

そうでない方でも、このサイトをまんべんなく目を通せばおわかりになるでしょう。

あなたの借金の解決方法を相談できるところを紹介

借金相談カフェ

診断無料24h・365d対応Web全国対応過払い金・任意整理・個人再生・自己破産

毎月のローン支払いが厳しい、返しても返しても借金が減らない、過払い金の有無を知りたい。

そんなお悩みがある方、匿名・無料で減額出来るかできないかだけを気軽に知ることが出来、興味のある人は具体的な相談も無料で専門家(弁護士、司法書士)にできるサービスがあります。