依頼お受けできません

法律事務所というより、いかに借金問題に強い弁護士といえど
万能ではないというか、相談に乗れない場合があります。

それは、専門外の相談であったり、職務倫理的に難しかったり。
個別にもいろいろあったりしますが、ここでは代表的というか、
比較的多い受けられない相談というものを列挙していきます。

原則としてヤミ金対応はしていない

債務整理をやっている法律事務所というのは、他ジャンルの案件も扱っているかもしれませんが、ヤミ金対応は原則として受け付けてくれません。

理由は、専門ではないということでしょう。
確かに闇金対応は、債務整理とは違います。ですから、債務整理の法律事務所に闇金救済を依頼しても断られるので注意しましょう。

法テラスや他法律事務所に依頼中の場合

法テラス」とはこういうところです。法律事務所仲介的なことをしていますので、法テラス、他法律事務所迷惑がかかるわけですね。話がややこしくなります。いずれも、倫理的な問題になります。

ですから、こういう方は断られると思います。

必ず、債務者本人が相談、依頼すべし

たまにですが、相談したい本人以外の、家族やら友人・知人が、本人に代わって、相談・はたまた債務整理の依頼をしてくることもあるそうです。気持ちはわからなくもないですが、必ず本人が相談・依頼するようにしましょう。

メール相談からはじめても電話相談からはじめても、相談の際、早めの段階(実際の相談の前ですね)で必ず本人確認があります。ですから、本人が相談している必要があるのです。また、借金返済の悩み相談なんて、思いっきり個人情報です。ですから、他人の介入はよろしくありません。他人が相談しても応じてくれないと思います。

個人間の借金、税金滞納

個人間の借金、確かにそれも借金問題ですが、債務整理という話ではありません。税金の滞納も同様。
よって、受け付けてくれません。

債務整理の効果があまり期待できない場合

依頼人としても弁護士側としても債務整理としての効果が
期待できない場合というものがあります。

どういうことかといえば、依頼者(債務者)は、
弁護士に債務整理の代理人の依頼をします。

依頼者は代理人へその報酬を支払うわけですが、
依頼者としてもその費用に見合う効果がなければ、それはあまり幸福ではないです。

だって、費用50万円払ったのに、減額が10万円だなんて・・・
これはあんまりです。

法律事務所がボっているわけではなく、規定料金でそうなってしまった、
ということです。

まあ、上の場合は少々極端な話ですが、
物理的にそうならざるを得ない場合も出てきます。

例えば、債権者が1社だけの場合とか。
こういった場合は、債務整理をしても費用に見合わないケースが多いようです。

また、一概には言えないようですが、債務額が100万円以下
の場合もそれに近いことになることもあるようです。

詳しくは、最初の相談の際に聞いてみるのも良いでしょう。

あなたの借金の解決方法を相談できるところを紹介

借金相談カフェ

診断無料24h・365d対応Web全国対応過払い金・任意整理・個人再生・自己破産

毎月のローン支払いが厳しい、返しても返しても借金が減らない、過払い金の有無を知りたい。

そんなお悩みがある方、匿名・無料で減額出来るかできないかだけを気軽に知ることが出来、興味のある人は具体的な相談も無料で専門家(弁護士、司法書士)にできるサービスがあります。