時期的には「私が借金500万円を抱えた経緯③-とうとう借金500万円。」の終わり際前あたりからになります。
借金に悩む男

2002年年明けぐらいの話です。当時の私は20代後半、ある企業の営業をしていました。
当時は、「ウチ給料安いなー」なんて愚痴ったりしていたものですが、今思えば決して安くはなく、当時の水準でも同年代で考えれば平均よりも良かったんじゃないかと思います。

私は東京生まれの東京育ちでしたが、両親は父の病気の関係もありセミリタイヤみたいな形で故郷に戻っていて、私はひとり暮らしをしていました。妹もいましたがこのときはすでに都内に嫁いでいました。

話は戻ります。

ちょうどこの頃、ボーナスをもらって間もないというのに、経済的にはかなり切羽詰まっていました。
債権者に返済やら数ヶ月ためた家賃の返済やら殆どが「借金」でなくなっていました。

銀行残高は数万円ぐらいで、まだ次の給料日までは3週間ぐらいあります。
やって生活できないことはなかったと思いますが、結局、その給料だって、ほぼすべてが借金に消えてしまうのです。
となれば、また家賃が払えなくなります。

こんなことがずうっと続くのかと思うと、もう夜も眠れませんでした。
カードキャッシングだって、返済したばっかりでしたが、もう限度額いっぱい当たりで、かき集めても数万程度にしかなりませんでした。

YES/NOの質問に答えるだけで穴にぴったりの借金解決方法を見つける >>

管理人のりお管理人のりお

多重債務者って、程度問題でもあるでしょうけど、金銭の物理的負担っていうのもあるでしょうけど、この精神的な辛さが一番堪えるんじゃないかと思いますよ、経験上。

「こんなことがいつまで続くのか・・・」
「もう一生このままなのか・・・」
「こんな辛い思いをするのはもう耐えられない・・・」

なんてね。

人間、「希望」がないことがこんなに辛いことなのかと痛感しましたね。今となってはですが良い経験したかなと。もちろん今だから言えることですが。

このように、私は任意整理によって多重債務の苦しみから脱出しました。費用のこととか敷居が高いとか、一歩踏み出せない理由もおありでしょう。

ただ私はそれほど心配することはないと思います。費用に関して言えば、私の時代よりは確実に低価格になっていますし、残債返済とまとめての分割返済になっているはずですから、当面の費用はご心配しなくていいでしょう。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1