「任意整理とは」でもお話しした通り、任意整理は手続上の決まり事が無いため、
非常に柔軟な対応が可能になります。そこで、
任意整理の特徴をいくつか挙げてみたいと思います。

手続が複雑でないこと

お話しした通り、任意整理にはその手続上の法律があるわけではないため、
手続きが簡潔になっています。

自己破産、民事再生、特定調停。これらは、それぞれ法律に定められており、
その手続や裁判所への出頭などがどうしても必要です。

特定調停はいくらか簡易になってはいますが、簡易裁判所という公的機関が
介されるため、それなりに決まった手続きを要します。

任意整理にはこれがありません。債権者と債務者の直接の話し合いですので、
法律に沿った手続きというものが存在しません。

任意整理の要件はたったひとつである

自己破産、民事再生、特定調停。それぞれが手続き開始要件があります。
例えば、破産手続では「支払不能であること」、民事再生では「支払不能又は
支払不能となるおそれ~」ががなければ、手続開始はできません。

これら「支払不能であること」、「支払不能又は支払不能となるおそれ~」は
主観的判断ではなく、裁判所が客観的に判断します。ということは、場合によっ
ては、自己破産や民事再生の資格なしと判断されることも十分あり得るわけです。

任意整理では、多重債務者であるということは前提条件だから置いておけば、
ただ一つ、「継続的収入があること」です。
任意整理後の残債務の継続的返済が可能であるということが条件です。

継続的収入があれば、以下の場合でも任意整理は可能です。

和解内容が柔軟である

特定調停でもこのような余地は残しているとは聞いたことはありますが、
直接交渉であるが故の駆け引きができます。

私の時の場合で詳しい話は聞いていませんが、残債務が10万円ほどあったそうなん
ですが、何らかの交渉で0円まで、残債務なしまで持っていったそうなんです。

このように、代理人に経験や交渉能力があれば、支払額を値切ることも可能なのが
任意整理の強みでもあると思います。実際、こういったことは結構あるそうですよ。

任意整理には腕の良い弁護士が必須です。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。