このページでは、ブラックリストに載ったことによる金融取引以外の他の影響についてお話していきましょう。他人に知られることがあるのか、就職や加増国影響を及ぼすのかなど、です。

信用情報も個人情報のひとつ

ブラックリストの情報は個人信用情報ですので、個人情報保護法での管理下におかれます。
あくまでも金融取引での個人情報であって、その他の目的に使われることはありません、というよりあってはなりません。万が一あったら、それは個人情報保護法違反です。

そして、本人が許可した場合以外では情報を見ることはできませんので、
個人信用情報が就職時の身辺調査に使われることはありません。

唯一、警察が刑事事件等で裁判所の令状があれば開示されます。
それ以外は、ありえませんので安心してください。

また、個人信用情報はあくまでも個人のもであって、家族や兄弟、親戚のクレジットに影響することはありません。ただし、主婦や学生がクレジットカードを申込む場合は審査対象が配偶者・親になりますので、その場合ではこの限りではありません。

ブラックでも使えるVISAカードがある。

タイトルどおりですが、ブラック登録者でも使えるVISAカードがあるんです。
それはデビットカードです。まんまクレジットカードと同じというわけにはいきませんが、普通のカードショッピングの場合であればそん色ない使い方ができますよ。

興味がある方は、下のリンクからどうぞ。


いずれにせよですが、ブラックになれば、最低でも5年間は借り入れができません。そうなると、自転車操業もできなくなります。だとすれば、この機会に借金問題の解決に注力してみてはいかがでしょうか?

こんな生活いつまでもいつまでも続けていて良いわけがありません。いつかは断ち切らないとならないと思います。だとすれば、これを機にするのも良いと思います。
ブラックリストに載ったらどうすればいいか?

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。