あなたの個人信用情報は、もちろん、見ることが出来ます。

ローン申請やクレジットカードの審査が通過しなかった場合は、
あなたの信用情報に何らかの瑕疵がある場合もあるわけですから、確認してみたいですよね。

開示方法はいくつかありますので、その辺も含めてみてみたいと思います。

開示方法は?

これは、機関によって様々です。
郵送でしか受け付けていない機関もありますし、郵送以外でも直接足を運んで開示する方法、
インターネットでも受け付けている機関もあります。

それぞれ該当する機関でお調べになってください。

誰が開示請求できるの?

開示権限がある人は、原則として本人のみです。
個人情報の例に漏れず、本人以外は原則見ることができません。本人が開示を許さない人間には決して見れることが出来ないものです。

ただし、例外があって、本人が許可した者は所定の手続を取って見る事ができます。
どういうことかと言うと、2例あります。

Aさんが新しくローン・カード作成の時に、その貸金業者はAさんの個人信用情報を参考にしますが、その場合はAさんの許可が必要です。申し込み用紙のどこかに「あなたの情報見させてもらうから」って書いているはずですよ。そういうことで、Aさんは許可したことになってしまうのです。

でも、これは仕方ないですよね。 他のページでもお話していますが、
この審査のための照会記録は個人信用情報に6ヶ月ほど残ります。

この記録がある場合、ブラックでなくとも新規の借金をするのは困難になることでしょう。
新しい借金をする場合は、半年ほど期間を置いてからにしてくださいね。

もうひとつは、いわゆる代理人になります。代理人って、弁護士等、この手の専門家に限りません。
法的に代理人と呼べるには要件が必要ですが、そのひとつが委任状です。

本人から信用情報開示に関して委任されて、それを機関にその旨を示すためには、委任状が必要になります。「自分は○○さんの代理人です」って。

上の手続さえ踏めば、配偶者、家族、知人・友人、また未成年者でも代理人として本人の情報を開示することが可能です。ただし、開示方法によっては本人以外はできない場合もあるようですので、各々ご確認ください。

個人信用情報を開示してみました

もう結構前(2007年ぐらいだったでしょうか)の話なんですが、
個人信用情報を、実際に開示してみました。

今とは法改正前と改正後の組織の違いや開示方法の差異などは多少あります。
ただ、今でも参考になる部分は少なくないと思われますし、何よりも、
今ではあまり選択肢のない「直接出向いて」の開示なので、興味深い部分もあるのではないかと思い、公開することにしました。

もっとも、ネットで公開することを前提にしていなかったので、
文字のみのレポートになってしまいますが、そこはご了承を。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。