何らかの申し込みを行う場合、書面でもインターネットでもいいです、直前に同意を求める文言がたくさん出てきますよね?「必ずお読みください!」とか何とかで。

あれってちゃんと読んでいる方ってどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
私は、短い場合は一応目を通します。でも、たいていは長いので、読んだフリをして先に進んでしまいますかね。

もちろん、ちゃんと読んだ方がいいです。それは意味がわからなくても、です。もちろん、意味を理解しているべきなのですが、わかっていてもわからなくても、結局は「同じこと」なので、だったら読んで少しでも、わかる部分だけでも理解はしておくべきなのですね。

あの部分というのは、後々に何かトラブル等が発生した場合に意味を持ってくる場合がありますから。では、あの部分って何なんでしょうか?

約款とは

あの「必ずお読みください!」の部分は「約款(やっかん)」と言います。
約款とは、企業などが不特定多数の利用者との契約を定型的に処理するためにあらかじめ作成した契約条項のことです。つまり、あの「必ずお読みください!」から先に進んだ場合は、契約内容に合意したとみなされるわけです。

約款をスルーして実は契約内容に合意していたなんて怖いと思いませんか?だから、読んで、しかも理解しておくべきと言ったわけです。

なぜ約款?

通常の一対一の契約事ですと、当事者で契約条項を決めていくものなのですが、企業がいちいち1人づつの利用者と契約事を決めていくのはどうにも効率が悪く業務に決定的な支障をきたします。

そこで、予め定型的に契約条項を作成して利用者に公開し、「この決まりごとに同意してくれる方と契約させて頂きます」というスタンスで処理していく形を採用しているんですね。

これは企業と利用者の契約なので、ショッピングであれば企業と利用者は約款に基づいて処理していくことになりますし、サービスの提供であれば契約中は約款に基づいてサービスを受けていくことになります。

利用者が約款に違反するようなことがあれば、それは債務不履行ということになり、サービスの停止又は解除、重大な債務不履行を起こせば損害賠償請求されることもあるかもしれません。

(自戒も込めて)約款には目を通そう!

ローンの借り入れの際、細かい字で何かと面倒くさいと思いますが、一応目は通しておきたいものです。後で「こんな決まりごと知らなかったよ」なんてことは当然ですが通用しません。

知らなかったのは知らない方が悪いのです。読まなかった方が悪いのです。
仮に裁判になったところで勝ち目はありません。世の中そういうものです。

もちろん、これは自分自身にも言っています(苦笑)。

その約款ですが、記載事項のの中で重要な語句について説明したいと思います。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。