ブラックリストに載ってしまったら、一定期間、新規の借金はできない、カードは作れないとお話しましたが、実のところ必ずしもそうではないのです。

新規の借金はできない、というのは動きませんが、VISAカードは使えます。
クレジットカードのように、現金いらずのショッピングはできるんですね。

それはデビットカードと言います。最近はご存知の方も多いかもしれませんね。

デビットカードとは

デビットカードとは、クレジットカードに準じた使い方をできるカードです。
クレジットカードと同じように「現金要らず」でショッピングができるんですね。

デビットカードの画像見た目は、VISAカードと特に変わることはありません。
そのカードを使ってリアル店舗でもネットでもショッピングができます。

ではクレジットカードと何が違うのか?
デビットカードは、見た目はクレジットカードですが、本来は銀行キャッシュカードなのです。

つまり、現金は必要ありませんが、口座にはそれ相応の残高が必要です。

デビットカードで決済すると、瞬時に口座から引き落とされる形になるんですね。

ですから、デビットカードで買い物したければ、その分の残高がなければならないということになります。

デビットカードは誰が持てる?

先ほども言いました通り、デビットカードはキャッシュカードですから、銀行口座が必要です。
デビットカードを発行している銀行の口座を開設できれば、デビットカードを利用することができます。

口座開設は、基本的に本人の所在等確認ができれば作れるはずですから、ブラック云々は関係ありません。

私も、任意整理後にブラックになっていますから、デビットカードを作りました。
最初に作ったのが、日本で最初のVISAデビット(だったと思います)を発行したスルガ銀行で口座開設し、今でもネットで一番使っている決済方法です。

その後、仕事柄、ネット銀行を持っていると何かと便利なのでJNBや楽天銀行の口座を持っています。デビットカードは口座を開設してから再度申し込む形になりますが、持っていれば便利なのは間違いないです。

VISAデビットカード、使用上の注意

デビットカードは、1回払いしか利用できません。口座に残高があっても、分割という概念はありません。

それと、分割に近い話ですが、会員制のような毎月の引き落としが必要な物、サービスにはデビットカードは利用できません。以前は使えたのですが、残高不足にもかかわらず毎月決済するような輩が相次いだそうで、使えなくなりました。単発ものには問題なく使えます。

それと、あまり利用しない、残高不足で決済することが何度かある人間には、更新されません。
5年の期限で終わりということもあり得るので注意が必要です。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1