一度でも返済に遅れたことがある方ならお分かりだと思いますが、取り立てがあります。初期段階でしたら、電話か督促状みたいなものです。両方の場合もあります(こっちの場合が多いですかね)。

カードローンだったら、翌日電話で取り立てがあると思います、1週間程度経過しても返済がなければ督促状が届くかもしれません。銀行でもローン会社でも同じようなものです。

それは、貸金業者から直接取り立てがあるかもしれませんし、外部あるいは関連の債権回収業者からの取り立てかもしれません。銀行なんかは、この債権回収業者に委託する場合が多いと思います。

いずれにせよ、返済期日を過ぎても返済がなければ、翌日から取り立てがあるし、遅延損害金も発生します。

取り立ては結構精神的プレッシャーがある

これは債権行使の一環で、あくまで初期段階です。のらりくらりで拒否し続けていると、最終的には強制執行(差し押さえ)まで発展します。

初期段階ではありますが、結構プレッシャーになります。もちろん、取り立てにはその意味合いもあります(プレッシャーーを掛けて返済を促す)が、殆どの人は取り立てがあると気が滅入り、ヤバイヤバイ状態になるはずです。

その嫌な取り立てがあるのは約束通りに返済しないからなのですが、近日中に給料が入るとか、返済の目処が立つならまだ良いです。これはこれで近日中に返済できることを意味しますので、大抵は約束させられて取り立て終了。ある意味、取り立てを止める方法になり得ます。

しかし、目処がない場合もあります。

管理人は返済できなくてテンパりまくってた・・・

ちなみに、私は任意整理直前はそんな感じでした。
取立ては何度か経験していたし、その度に嫌な思いをして辛かったです。テンパりまくっていたものでした。ですから、また返済が遅れると、また電話がかかってくる・・・そう考えると、心臓がバクバクしたものでした。

でも、私は、あることをキッカケに、取り立てはもちろんのこと、返済もしなくて済むようになりました。つまり、これらのプレッシャーから開放されたのです。

債務整理で取り立て・返済のプレッシャーから開放された

それは任意整理です。
任意整理に限りませんが、債務整理を弁護士に依頼すると、取り立てと返済は止まります

弁護士・認定司法書士に債務整理を依頼すると、弁護士・認定司法書士は各債権者に債務整理を受任した旨の通知「受任通知」を送付します。そうなると、債権者は直接的に債務者本人への交渉が禁止されます。

つまり、取り立ては禁止になり、金輪際無くなります。
債務整理受任が条件なので、債務整理しないとこうはなりません。

受任通知は、送付して翌日には債権者に到達するようにしますので、まあ、即日で取り立ては止まると言ってよいでしょう。→「委任を受けた弁護士が最初にすること-受任通知書送付

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。