当サイトは、認定司法書士より弁護士に債務整理の相談をした方が、
後あと効率的ですとお話しています。

しかし、同じ案件なら司法書士の方が低費用で済みますので、
そこは債務額や債権者数によって使い分けるのが賢い債務整理といえるのです。
弁護士と認定司法書士、どっちに債務整理を依頼すれば良い?

そこで、1件や2件の債権者数、総債務額140万円以下の任意整理の場合に適している、
任意整理に強い司法書士事務所をご紹介しましょう。
アヴァンス法務事務所。有名なのでご存知の方も多いかもしれません。

大阪本社

東京・新宿支店
東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー5F

弁護士事務所では断られる任意整理案件がある

ご存知の方は少ないと思いますが、ちゃんとした任意整理案件でも、
弁護士事務所では断られることが多い案件というものがあります。

ひとつは、法定利息内での借り入れの任意整理です。
これは、借金減額が殆ど期待できないから。

もう一つは、
1件2件の債権者数の場合や、100万円程度以下の総債務額の任意整理の場合。
上の場合と近い理由ですが、成果とかかる費用のバランスが悪いから。
費用に見合う成果が期待できないということです。

一言でいえば、弁護士事務所では、上記の場合は、
需要と供給のバランスが悪く、弁護士と債務者の双方がwin-winになれないのです。
これは商売(リーガルサービス業)として成り立ちません。

よって、勇気をもって法律事務所に相談しても、
法定利率内での借り入れの場合だったり、
債権者数や総債務額の関係で断られることも少なくないのが現実です。

誤解なきように一応言っておきますが、
弁護士事務所では、もっと高額の任意整理や他の債務整理ですと、
需要と供給のバランスが成り立つということです。
弁護士と司法書士の役割分担ですね。

アヴァンス法務事務所ではよそで断られた任意性案件でも受付可能!

そこで、アヴァンス法務事務所です。
アヴァンス法務事務所では、弁護士事務所では断られるような、
法定金利内や1件2件程度の債権者数のような案件でも対応してくれます。

さらにですが、
大手の司法書士事務所ならではですが、明朗会計かつ低費用で任意整理が可能です。
アヴァンス法務事務所では、着手金や成功報酬という料金体系をとらず、
債権者1件ではいくら、2件ではいくらというシステムになっています。

原則として追加費用などかかりませんし、
金額的にも司法書士の任意整理ならではの低費用といえるでしょう。

土日祭日24hWEB相談受付、相談料は0円です。

どんな方にアヴァンス法務事務所はお勧めできるか

別に誰が悪いわけでもないと思いますが、
任意整理で借金返済の悩みから免れたいのに、任意整理をする決心がついたのに、
法定金利内での借り入れだったり、債権者数が少ないからってそれができないのは、
ご本人にすればつらいでしょうし、私から見れば同情するし、
何とかならないのか?という想いもありました。

きっとそういった債務者が多いからこういったリーガルサービスも生まれたのでしょう。
なにあともあれ、借金返済の悩みを解消できる余地が広がることは、喜ばしいことです。

もしあなたが任意整理によって借金返済の悩みを解消したくて、

  • 法定金利内での借り入れや1件2件の債権者数による理由でよそで断られた方
  • 未相談なので断られていなくても、該当する方(断られる可能性大)
  • 140万円以下の総債務額を任意整理したい方(費用を考えれば140万円以下なら司法書士の方がお得)

であれば、アヴァンス法務事務所は是非お勧めしたい司法書士事務所です。

アヴァンス法務事務所へ任意整理の相談をしたい方は、
下バナーのより公式ページへお進みください。