自分の債務調査と返済計画などの準備は一応整ったので、次は実際にどの借金一本化ローン商品を選んでいくのかを考えていきたいと思います。

選択肢は一つではないですが、それほど多彩なわけではありません。
なぜならば、第一に優先することは「審査通過できること」であるからです。

お分かりだと思いますが、一般の、カードローンがほしいと思っている借金が気にするほどあるわけでもない人の選択肢が10とすれば、借金の意一本化のためのローンの場合だと、10ではありません。
8の人もいるでしょうし、5に人もいるでしょう。もしかしたら、2や3の人もいるかもしれません。

理由はいうまでもありません。
借金があるので、生活に窮するほどの借金があるので、審査通過が簡単ではなくなってきているのです。A社やB社では審査通過できないかもしれないのです。

ですから、より審査通過できる可能性があるローンを第一プライオリティーと考えるべきだと思います。

「壁」は総量規制か?

その審査通過で制限が出てくる「壁」は、やはり「総量規制」になってくるでしょう。業者自身に年収の3分の1を超える借り入れがあるものには原則貸付禁止と法で規制されているのですから、どうしようもありません。

となると、「ヤミ金しかないのか?」と心配される方がいらっしゃるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。早とちりはしないでくださいね。ヤミ金しかないようなことを推奨なんてしませんから。

「壁」には意図的に穴が開けられている

実は総量規制の「壁」には意図的に所々穴が開けられているのです。
当サイトの総量規制のところをくまなくチェックされている方はすでにお分かりだと思いますが、総量規制が適用される場合ってそうでない場合よりも少ないんですよね。

つまり、総量規制がかからないローン商品の余地が結構あるということです。
借金一本化のような、審査通過に不安がある場合は、そこを狙っていけば良いわけですね。

これは債務状況にもよりますが、借金一本化ローンのような返済専用ローンである
「貸金業法に基づくおまとめローン」に焦点を大きく当てていくべきなのかなと思います。

こうなってくると、この手の商品をリリースしていないところもあるので、その意味では選択肢が狭まりますが、何より審査通あの可能性が最も高いローンであることは間違いありません。

この辺は、ご自身の債務状況と相談してみたらよろしいのかなと思います。

借金を一本化してみたい方はこちらから

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1