さて、そんな感じで返済負担が軽減できる借金一本化ですが、ここで実践するに当たって受ける利益とリスク、つまり、メリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリットが享受できるのは当然なのですが、リスク、デメリットについても把握しておく必要があります。その部分を分かった上で実践して頂くと良いと思います。

利益

一つは、こちらのページでお話している通り、返済負担の軽減です。

返済負担の軽減ということは、月々の返済がそれほど無理のない範囲で返済できているということです。と言うことは、ストレスも大きく軽減され、日々の生活の中で借金を意識する割合も小さくなってくることでしょう。

そうすれば、体も心なしか軽くなって希望が見えてきます。このように、物理的にも精神的にも負担が軽減されてきます。

もうひとつが、「自力で解決できる借金返済方法」という点です。

借金一本化は、自分で実践していく方法です。
債務整理のように、ブラックリストに載るとか、代理人を立てて債権者と交渉とか、そういうことは関係ありません。費用面でも債務整理のようにそれ相応の費用が発生するということはありません

借金で悩む方にとって、これも大きなことです。債務整理を躊躇している多重債務者は、このへんが理由の場合も多いのですね。

リスク

もちろん、リスクもあります。

ひとつは「本当にちゃんと返済していくことができるのか?」という点です。
新しく借金をしていくというリスクを、そのままリスクにしてしまうのか、ちゃんと返済して完済まで持っていくことができるのか、ということです。

人間、新しい借金をすると、自分のものと勘違いしてしまう人が少なくありません。
こういう人が無駄な借金を重ねてしまうわけですが、それは、借金を返済するためのお金であると肝に銘じる必要があります。

もうひとつ、物理的に借金の一本化ができない人がいるということです。
つまり、新たに借金ができない人には、借金の一本化はできません。

解決できない借金返済問題はないと断言できますが、それが借金一本化かどうかは何とも言えません、それが本人が強く望んでいようとも。

もちろん、ブラックの人は、借金一本化などできません。
新規借り入れはできませんから。

そうなると、もう債務整理しか道はありません。

貸す側にとっては、債権回収できないリスクが許容範囲を超えていると、貸すことはありませんし、今は場合によっては過剰貸付けは法律違反になります。そもそも、貸金業者も商売ですから、そこは我々消費者側が許容しなければならないことです。

総量規制なるものが存在しようとも、一応「抜け道」は作ってくれていますが、債務状況によっては、どうあがいてもそうなる人が出てきます。そういう意味では、早い段階で借金一本化をする必要があります。

そんな借金一本化ですが、では、どんな人にオススメできるのでしょうか。

借金を一本化してみたい方はこちらから

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1