「毎月ちゃんと返済しているのに借金が減っていかない。どーして?」
そんな思いの人っていらっしゃいませんか?

返済してないのに減っていかないのは当たり前ですが、ちゃんt毎月、決められた額を返済咲いているのに借金が減っていかないのです。

これは不思議ですね。

厳密に言えば、まったく減っていないということはないのだと思います。ただ、数年そんな生活をしていて、毎月の返済額が殆ど変わらないとなると、そんな印象を抱いてもおかしくありません。

何で借金減らないのかしら?

では、なぜそうなるのか?

理由はシンプル、あなたは、毎月借金を返済しているのではなくて、毎月利息を支払っているのです。
借金を返済しているつもりでも、実は、借金を返済している体で、利息の支払いに追われていただけなのですね。

返済方式によっては借金はなかなか減らない

カードローンやクレジットカードの返済は、リボルビング返済になっています。リボルビング返済は毎月返済額は一定になっていますが、その枠の中で利息と元本が合わさって、それを返済するスタイル。元本が大きければ、それだけ利息は大きくなります、また、利率によってもこの割合は違ってきます。

一回の返済の内訳

そうなると、毎月の返済額の枠の中の割合は、どうしても利息が大きく占めることになります。と同時に、元本の割合は小さくなるわけです。利率が同じでも元本100万円の利息と元本30万円の利息が違うように。

元本の違いによる利息の占める割合を比較

借金でお困りの方は、比較的元本が大きくなる、よって一回の返済での利息を占める割合が高くなる、ということになります。
これをしばらく続けていれば、当然、元本は少しづつでも減っていくのですが、元本の減るスピードが遅いので、どうしても借金返済しても減らないよ、となってくるのですね。

毎月返済しても1万円も減っていかない、なんてことはよくある話なのです。

そして、どこかで借り増しすればまた元に戻る。この繰り返しです。まさに負のスパイラルです。何だったら、借金、一生懸命返済しているのに、増えちゃった、なんてこともあるのですね。

では、どうしたらいい?

どうです?

これって、リボルビング返済の恐ろしさなのですね。

もちろん、リボルビング返済にも良い点はあります。毎月の返済額が決まっているという点。計画も立てやすいはず。何か大きめの買い物をしても、急激に返済額が上がるということもありませんし。

でも、そのメリットというか、利便性の良さに隠れて、場合によっては借金が減りにくい→いつまでも利息を払い続ける→返済を圧迫してくるなんてシナリオも描けてしまうのですね。

これによって、多重債務に陥る人もいらっしゃるのは事実です。
もちろん、非があるのはそうなってしまった人なのですけど・・・

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1