こちらのページでは総量規制の対象とならない場合について話しましたが、
同じようなことではあるんですが、これとは別に、本来的には総量規制の対象となるようなものなのですが、例外的に、総量規制にかからない場合があります。

それを「貸金業法に基づくおまとめローン」と呼んだりします。
その名の通り、貸金業法という法律が、例外的に認めている制度です。

貸金業法で貸金業者とされている消費者金融や、信販系カードローンなどは
本来は総量規制の対象になりますが、その中でも例外措置として借金一本化に特化した、
返済専用ローン商品をラインナップしている消費者金融がいくつかあります。

その商品を「貸金業法に基づくおまとめローン」、ないしそれに準じた名称で
ラインナップされているというわけです。

導入の背景

なぜこんな例外が法律によって認められているのかというと、
総量規制導入によるために借金一本化の道が絶たれた多重債務者のための救済措置を
設ける必要性があったのですね。

総量規制の導入は、導入前と導入後で、「はしご」を外される人が
少なからずいたわけです。

そういう人が闇金融に走ったり、最悪の場合、自殺に走ったりしないように
新たな道を作る必要があったということです。

利用の注意点

この「貸金業法に基づくおまとめローン」、お話している通り、
借金一本化専用の借りたら返済していくだけのローンです。

そういう意味で、利用にあたっては少々注意点があります。

借金の有無を証明しなければならない

借金一本化専用の特例・例外措置による救済ローンですから、利用したければ、
借金の存在を証明する必要があります。

当然、それを証明する書類等の提示は必須になります。
返済計画も予め立ててその旨を相談することもあります。

書類の用意なども含めて準備が必要になってきます。

借金返済以外に使うことは許されない

一本化専用ローンですから当然ですが、
借金の返済以外には利用することはできません。

よって、借りられる範囲は、限度額内での借金額が上限となります。
このへんはチェックが入ると思います。

こんな感じで少々特殊で縛りがありますが、
法律による特例措置ですので仕方が無いでしょう。

借金一本化を検討している方にとっては、通常のカードローン、
総量規制の対象外も含めて、いくつかの選択肢があります。

審査通過できるかどうかを最重要項目と考えて、自分に合ったタイプを
考えると良いと思います。

借金を一本化してみたい方はこちらから

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1