さて、総量規制が適用される場合を見てきましたが、ここでは、総量規制が適用されない、対象外である場合を見てみたいと思います。
すでにちょっと触れていますが、適用される場合以外の貸付けはすべて対象外となります。

再度確認しておきますが、総量規制とは、収入の3分の1を超える新規貸付は禁止されるという、貸金業者への規制であり、総量規制に掛からないということは、利用者から見れば、「3分の1」の中にあっても除外されたり、新規貸し付けの場合でも、同様ということです。

掛かる場合と掛からない場合の借金は別物というイメージでしょうか。

銀行からの貸付けは対象外

まずは、銀行からの貸付けは総量規制の対象とはなりません。

銀行は、貸付けも当然行っていますが、貸金業法の埒外になります。
だから、総量規制にはかかりません。

○井住友とか、○ずほ銀行、○天銀行や○NBなどのネット銀行もこれに含まれます。
その意味では、ねらい目ではありますよね。

ローン・クレジットも「貸付け」ではないので対象外

自動車ローンや住宅ローンなどのローン一般、クレジットカード利用などの
カードショッピングも、総量規制の適用を受けません。

これらは「貸付け」には当てはまりません。
貸付けというものは、あくまで金銭の貸付けです。

それと、別ページでお話している通り、
クレジットやローンを中心に取り扱っている信販系でも、カードローンに関しては
総量規制の適用を受けることにご注意ください。

他にも対象とならないばあいはありますが、
違う形でご紹介していきたいと思います。

法律によって「例外」が設けられている

総量規制には、「例外」というのもあります。

消費者にとっては対象外だろうが例外だろうが、
貸してくれればどっちでもいいのですが(笑)、まあ、これも選択肢の一つとして喜ぶべきでしょう。

借金を一本化してみたい方はこちらから

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1