借金の悩みを抱える男

債務整理ってどんなものなのでしょうか?
詳細は各債務整理に譲りますので、ここでは
イメージ的なものをご説明しようと思います。

債務整理とは、文字通り、債務を整理することです。
債務とは、いろんな意味で使われる言葉ですが、
この場合では借金を返済する義務と言い換えることができます。

借りたお金、すなわち、借金ですが、借金というものは、
借りたお金に利息を付けて返済する、この返済することを
前提に借りるお金です。だから、借金をしたら返さなければ
ならないということ。先方(債権者)も、返してくれると
信用して貸してくれるのですから。

で、その債務ですが、一定期間、複数のところからたくさん
借金すると、いろいろごちゃごちゃになってくるんですね。

債務整理は整理した残りの借金は返済していく

ごちゃごちゃというのは、あくまでイメージです。

そのごちゃごちゃになった債務を、整理して小さくして、
収入の範囲内で無理なく返済できるように新たな返済計画
を立てて返済していくのです。

整理しなければならない部屋

借金とは時間が経てば余分な分も発生するもの

この「ごちゃごちゃ」というものは何でしょうか?

これは利息です。

この利息というものは、時間が経てば経つほど大きくなって
いくというのはご存じだと思いますが、同時にですね、
余分な利息というものも発生していくのです。

余分なというのは、支払う必要のないということです。

そのままではこの利息を含めて返済義務というものがありますが、
債務整理によってこの余分な分をそぎ落とすことができるのです。

このそぎ落とした分を含めて新たな返済計画を立てるのですが、
その返済計画を債権者に納得して飲んでもらわなければなりません。

債務整理は代理人(弁護士等)が執り行うもの

債務整理のイメージ

「もうこれまでの返済は物理的に無理です。どうか、
この新しい返済計画で和解してほしいです」

と。

これをするのが、弁護士や認定司法書士である、
債務整理の代理人です。代理人というのは、
債務者本人の代理人です。

だって、
債務者本人ではこんなことできませんよね?

法律を屈指しますし、彼らは、交渉事のプロフェッショナル
でもあります。経験も豊富。ですから、
お金で彼らを雇い、代理人として一切の手続きを進め、
依頼人である債務者本人の良いようにしてくれるというわけです。

債務整理はお任せください

一応、私が経験した債務整理の任意整理を想定してお話し
てきましたが、前述のように、債務整理はひとつではありません。

他にも3つの債務整理はありますが、
これらはそれ専用の法律が存在し、その法律に沿って
手続が進められていきます。そして、裁判所を利用していきます。

尚更代理人が必要になりますよね。
書類の用意やら何やら手続がかっちり決まって
いますから、わかっていないとできません。

これらは、
債務者が自分の借金の悩みを相談することから始まります。

いかがでしょう?
随分大雑把にお話していきましたけど、
イメージを持って頂ければ幸いです。
先に話した「ごちゃごちゃ」の部分も、
サイト内では解説していますので、
よろしければ参照してみてください。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。