債務整理について、これまで私のところに数回ご質問
頂いたことがあり、ネットでも心配されている方が
結構いる疑問があります。

それは、
「債務整理中に融資は可能なのか?」
ということです。

なかなか強者だと思いましたし、同時に、
「あまり現状に懲りていないのかな・・・」
とも思いました。

この疑問について、
債務整理経験者である私が、答えられる範囲で
お答えしようと思います。答えられる範囲と
いうのは、私が経験したり、(当時の)事情
をよく知る方から聞いたお話です。

債務整理すると、一定期間はローン組んだりカードは作れない

まず、原則論からお話します。
債務整理をすると、その者の個人信用情報には事故
情報が記載される、いわゆる、ブラック登録
になります。

大中小問わず正規な貸金業者は申込みがあれば、
申込者の個人信用情報調査をしますので、事故情報
があればすぐにわかります。

事故情報があると、一定期間、ローンやカードローン
の申し込みをしても審査には通りません

もう、なんにしてもダメ、です。

この一定期間とは、任意整理あたりだと事故情報が
登録されてから5年間とされています。
つまり、5年間は事故情報が消えないということに
なります。

私が借金返済で悩んでいた頃は、まだそれなりに
緩い時代だったようで、自己破産しても貸してく
れる消費者金融なんてのがネット上に上がっていました。

あれって、事実だったようで、ちょっと驚きでしたね。

しかし、今現在、貸金業法改正でそのへんは厳格化
しており、そういう消費者に融資すると罰せられる
ので、ちゃんとした貸金業者ではもう無理です。

強いて言えば、ヤミ金は大丈夫かもしれませんが、
そんなアホなことはしちゃダメです。
「なんでそんなに破滅志向なの?」と聞きたいです。

これが基本系。

私、任意整理をしてから、5年以上、7年ぐらいは
ローンも組みませんでしたし、カードも作りません
でした。

5年はそういうことはできないと聞いていたし、
もう借金することが怖かったということもあります。

だから、債務整理中に借金できるかという疑問にも、
理解ができなかったわけです。
「なんでそんなこと気になるの?懲りてねえな」と。

強制的に借金をできなくしてくれているんだから、
それに乗っかって借金癖治していけば良いじゃん、
と今でも思いますけどね・・・

まあ、価値観は人それぞれなんでね、私の知ったこ
とではありませんが。

手持ちのカードだったら使える可能性はあるが・・・

本題に戻しますが、
実は私、一つだけ手元に残していたカードがありました。
それは、キャッシング機能があるキャッシュカードです。

このカードにも借金はあったと思いますが、使っていた
口座なので、カードが使えなくなるのは厳しい、という
ことで、任意整理せずに毎月淡々と返済していたんですね。

ただ、借入れは一切していませんでした。
限度額の枠は毎月返済の度に広がっていたので、借入れ
はできたと思います。でも前出の理由で借り入れはできま
せんでした。

何を言いたいかというと、
債務整理中でも、以前から利用していたカード
は利用できる可能性はあります

もちろん、枠があれば、です。

ただし、途中で利用停止、あるいは、強制解約、更新不可
になる可能性も十二分になります。もちろん、利用停止など
になっても、返済はしなければなりません。
そうなれば、全額一括返済になるかもしれません。

債務整理中に、仮に手持ちのカードが利用できたとして
も、それは、結構リスクのあることだということになります。

債務整理をした意味を考えてほしい

大事なことなので何度も言いますが、
債務整理になったら、そういうことは考えずに、
リセットすることに注力したらいかがでしょう?

債務整理って、借金を何とかするという役割と、
そういう生活を一旦リセットするという役割がある
と思うのです。

せっかく借金で苦しんで債務整理までしたんですから、
そういう生活を改めないと。意味ないですよね?

なんで必要なのかわかりませんが、
債務整理中に借入れなんかしていると、元の生活へ逆戻
りなんてことにもなりかねません。

債務整理してまた破綻する人もいる

これは当時の法律事務所のスタッフの方に聞いたのですが、
債務整理をした何年後かにまたお金で破たんする人って、
一定数いるそうなんですよね。

なんでそうなるの?って話なんですけど、せっかく債務
整理をしたのに、それでも懲りない人って一定数いるそうです。

あなたはそういう人であってほしくないです。
だから、そういうことは考えずに、しばらくはおとなしくし
ておいた方が、良いと思うのですが・・・

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。