借金で悩んでいる人は、どうにかして
借金を無くしたいと思っているのだと思います。

それはきっとどんな方法でもいいはず。

借金を無くす良い方法があれば、誰も
知らないような裏技があれば・・・
と思っていると思います。

残念ながら、私はその裏ワザ的なものは
知りません。一般的な方法しか知りません。

このページでは、
「どうやったら借金を無くすことができるのか」
ということについて、いくつか検証してみようと思います。
ちょっと理屈っぽい、法律のお話も含めて
いきますが、興味があれば読み進めてください。

いくつかありますので、
早速こちらから解説していきます。

消滅時効によって借金は無くなる

貸金業者側からみて、
「貸したお金を返してください」という権利を
「債権」と言いますが、この債権というもの、
消滅時効にかかります

消滅時効にかかるということは、権利行使
しないで一定期間が過ぎれば、債権が消滅、
無くなってしまうということ。

債権の消滅時効

債権が無くなるということは、
「金返せ」という権利はなくなってしまうと
いうことですから、借金を返済する義務も
なくなるということです。

ただし、債権というもの、消滅時効まで
10年は必要です
消滅時効が完成するには、最短でも10年は
かかるということになります。

さらに言えば、消滅時効が完成するにはさまざまな
ハードルがあります。権利行使しないで10年ですから、
どこかで権利行使すれば、また最初から。

「お金返してくださいよ」という催促も、
立派な権利行使ですから。

この消滅時効、ご覧のように、最短でも10年
かかるということで非常に高いハードルです。

金貸しを生業としているところ相手に、その
ハードルをすべて越えるというのは普通に
考えて現実的ではありません。よって、理屈
ではこうなってますけど、ね・・・
というレベルのものです。

借金は踏み倒すこともできる

貸したお金を踏み倒すこともできる
ってご存知でしたか?
いや、できるっていうと語弊がありますよね、
もちろん、違法行為ですよ。

が、実際にはそういうことも起きているのです。

借金の踏み倒し

やり方は詳しくは知りませんが、請求・取立てが
あっても一切無視、ということなのでしょう。

近頃はどこまで請求してくるか分かりませんが、
裁判所を利用して請求してくることも大いに
あり得ます。

ご存じかかもしれませんが、借金って、
裁判所を利用して強制的に返済させることも
できますから。債権者がその気なら、財産差し
押さえて無理やりにでも回収できます。

それでも無視し続けていると、請求が来なくなる
ことがあるそうです。こうなってくれば、踏み倒
し完成?

こういうのを債権者側から見れば「貸し倒れ」と
言ったりします。貸金業者はこういう踏み倒しや
次で説明する自己破産などで、債権回収ができな
いことを想定して貸倒引当金というものを計上し
ています。

債権を放棄すれば、
それは借金が無くなったといえるのかなと思います。

それなりに踏み倒しはあるんだと思います。
ただし、踏み倒すとそれ相応の代償は払うことに
なると思います。

そんなことしたら、家族にばれるでしょうし、
給料の差し押さえとかも可能ですから、当然、
会社にもばれます。

借金を踏み倒すことのメリットとデメリット
を考えると、どう考えてもデメリットの方が
はるかに大きいかなと。

まともな人間がやることではないと思います。
繰り返しますが、借金の踏み倒しは、違法行為
ですよ?その後の人生に悪い影響が出るほどの、
非常に大きなリスクが伴います。

自己破産する

これは合法的な踏み倒しといえるかもしれませんが、
自己破産ってご存知ですか?

自己破産とは、債務整理の一つで、もう返済が不能と
なった場合に、裁判所の申し立てて、債務を免除して
もらう制度です。

免除とは免責、免責とは責任を免れること。つまり、
債務が無くなるということです。

債務が無くなればもう返済不要です。借金無くすとい
うことになります。

そもそも借金をなくすってどういうこと?

考え得る借金を消滅させる方法を一通り語ったところで、
話を原点に戻します。

そもそも、借金をなくす(消滅)させるってどういう
ことなのか?このお話をします。

借金を返してくれという権利⇒債権
借金を返す義務⇒債務

債権が消滅すれば債務も消滅

この図式はお分かりだと思いますが、債権債務ってペア
ですから、原則としてどちらかだけ存在するということ
はあり得ません。

つまり、債権と債務、
どちらかがなくなれば、もう片方は消滅
します。

貸金業者があなたに「お金返してください」という
権利がなければ(消滅すれば)、あなたは
「は?何言ってんの?知らねーよ」と言えるのです。

ここで言えるというのは、法律上でも正当な主張
であり、裁判上でも有効な主張、ということ。

相手の言うことは認められません。

ただし、逆に言えば、債権と債務、
どちらかが残っているのならば、
その片方も残っている

ということになります。

債権者が自分の債権を自ら消滅させるようなこと
はまずあり得ません。それこそ、踏み足して諦め
ない限り。

債務の履行で債権は消滅

ご覧のように、借金を無くすには、何らかの形で
債権者の債権を無くすしかないのです。

債権が無くなれば、それとペアの債務も無くなる。
それは、借金を返す義務も無くなるということです。

しかし、実際問題、債権を無くす方法というのは、
少ないうえになかなか厳しいものがあります。
それは、すでに書いてある通り、現実的にはかな
り難しいです。

債権が無くならないのであれば債務を無くす

では、どうするか?

債務を履行(借金を完済する)して債権を消滅

それは債務を消滅させるしかありません。
そうすれば債権は消滅しますから。
債権を消滅できないのならば、債務者側から自発的
に債権を消滅させるしかありません。

それには、債務の履行しかありません。
債務の履行とは、債権者が満足するような債務の
履行です。つまり、
借金返済し完済するしかない
のですね。

期待していた方々には申し訳なく思いますが、
結局こうなってしまうのですね(苦笑)。

時効や踏み倒し、自己破産以外は借金を返済して
いくしか借金をなくす方法は無いのですね。

仮にですね、何らかの裏技があったとしましょう、
それって、間違いなく違法行為だと思いますよ

借金無くすことは非常に重要なことだとは思いますが、違法行為で手を汚すことはないと思います。
捕まったら、絶対に後悔するはず。

借金を「減らす」事の方がはるかに現実的

やっぱり、「借金を減らす」方法(債務整理のことです)を検討する方がはるかに現実的ですし、手っ取り早いはずです。

借金が減れば、返済は楽になりますし、正々堂々と借金を無くすことができます。

多重債務を抱えてしまったことは現実として受け止め、
「先」のことを考えれば、債務整理で借金を減らして残りを返済していった方が後悔はないのかなと思いますよ。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。