カードローンなどの借金の場合は殆ど無いはずですが、例えば、自動車ローンとか割と高額なローンを組む場合、保証人を要求される場合があると思います。

ローンを組む張本人の返済能力などが心許ない場合に要求されるわけですが、多重債務状態になった場合、その保証人はどうなるのでしょうか?

その前に、このようなローンなどの保証人についての基礎知識についてお話しておきましょう。

ローンの保証人は連帯保証人

自動車ローンなどの場合の保証人って、間違いなく連帯保証人という保証人です。
この連帯保証人、通常の素の「保証人」とはだいぶ違うんですね。

どういうことかというと、こういうことです。
保証人とは、張本人が借金の返済ができなくなった場合に登場してくる、ということはおわかりだと思います。
それはその通りなんですが、連帯保証人とは、張本人が借金の返済ができなくなった場合になると、張本人と一体化してしまうんです。

連帯保証人の立場とは

どういうことかというと、例えば、本人が500万円の借金を抱えていましたが、返済できなくなってしまったとします。
となると、もう連帯保証人は、この借金の返済に関しては本人なってしまったようなもの。

債権者にいきなり「返せ」と請求されれば、その義務が生じます。
素の保証人だったら、そんなことはなく、債権者に請求されても対抗することができるんですけどね。連帯保証人にはそういう権利が無いんですね。

事例にするとこんな感じです

連帯保証人の事例

1千万円を借りる主債務者Aさん、その連帯保証人Bさんがいたとします。
Aさん、その借金を踏み倒そうとしてどっかへトンズラしてしまいました。

通常の保証人は、債権者に「ちゃんとAさん探してよ。それからにしてよ。」と言えます。
しかし、連帯保証人は、Aさんがトンズラしてもしなくても債権者はどっちに請求してもいい事になっています。

お金を取りやすい方から請求してもいい事になっているんですね。

もう一例。返済に時期が来ました。Aさん、返済するお金がなさそうだ、という情報を債権者が入手しました。そうしたら、債権者は当該債務の連帯保証人であるBさんへ請求します。

もしかしたら、皆さんの保証人のイメージってこの連帯保証人かもしれませんが、
結構怖くないですか?

よく、友人の保証人になって億を超える借金を突然抱えたなんてありますが、まさに、連帯保証人を理解せずに保証人になってしまった怖さを物語っています。

これが借金の保証人の知識ですが、
張本人が破綻してしまった場合、いくつかのパターンを見てみましょう。

連帯保証人に取り立ては行くのか?

これは、前のページを読んでいただくと分かりますが、全然ある話です。債権者は、張本人である主債務者、連帯保証人のどちらに請求してもいいのですから。

通常、連帯保証人になってくれる人なんてのは、その主債務者となんらかの形で深い関係にある人だと思うんです。そんな人に迷惑掛けて平気な人はいないと信じたいですが、まず、連帯保証人と話し合ってほしいです。

主債務者がちゃんとした対応を取るしかない

連帯保証人への取立てを止めるには、第1次的には主債務者への取立てに関連します。債権者の主債務者への取立ては、貸金業法によって厳しく制限されています。ですから、主債務者の方が、債権者に対してキチンとした対応をすれば相対的に連帯保証人への取立ては少なくなるでしょう。

連帯保証人が我慢してくれればこんな心強いことはありません。その間になんらかの借金整理を検討しなければなりませんが、取立てが止まることはないでしょう。

連帯保証人への取立てを止めるには?

これは、直ちに連帯保証人も含めて債務整理を実行するしかないでしょう。主債務者と債権者の契約と、連帯保証人と債権者の契約は別契約です。そして、債権者は主債務者と連帯保証人のどちらに請求してもいいし、二人合わせて 債権を回収できればいいのです。

主債務者が任意整理すれば取立て行債務任意整理を依頼すればいいのです。

任意整理をすれば、債権者はどちらにも直接請求ができなくなりますから、取立ては必然と止みます。

連帯保証人は主債務者の代わりに弁済したら、払い損?

保証人、特に連帯保証人とは、本当に割に合わない立場です。
お話したように得はまったくありませんから。

もっとも、張本人である主債務者と連帯保証人の間では、力関係がハッキリしてきます。債権者との関係では主債務者と連帯保証人は同じような立場になりますが、主債務者と連帯保証人との関係においては、連帯保証人は、主債務者の代わりに債務を弁済した場合、取れる取れないは別にして、求償権と言って弁済した分の請求が出来ます。

主債務者の居場所場わかっていれば、「ふざけんな。立替えた分は請求させてもらうぞ」とね。

連帯保証人に債務を弁済してもらった時の個人信用情報は?

保証人に弁済してもらった場合、債権者判断でその旨個人信用情報に記録、つまり、ブラック登録される可能性が高いです。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。