債務整理とは、もともとあった債務者と債権者間の契約内容を、債務者が
履行するのが非常に困難になったことから債務者側から、あらためて再契約
を提案する、という行為です。

任意整理も債務整理のひとつなので同じようなことなのですが、他の債務整理
とは大きな違いがあります。

任意整理以外の債務整理方法は、債権者と債務者の間に中立的立場の第三者が入り
ますが、任意整理は債権者と債務者の直接交渉になります。

任意整理と他の債務整理の違い

つまり、任意整理とは、中立的立場の第三者(公的機関の人間です)を介せず、
民間人(債務者)と民間人(債権者)が顔を合わせて(実際に顔を合わせるかは別)、
お互いの利益のために交渉することです。

任意整理は裁判所とか間に入らない

任意整理の場合、債務者が債権者と直接交渉するのは、その知識等の差で困難である
ため、 法律の専門家である弁護士あるいは認定司法書士が債務者側の代理人として、
債権者と交渉することが一般的
です。

よって、債権者との交渉は代理人に委ねられるため、債務者本人は交渉等に関わる
必要がないし、債権者と債務者自身が直接交渉することはありません。
なぜなら、任意整理受任後は債権者が債務者に直接交渉することは法律により禁止されるからです。

和解の方向性は、利息制限法による債務額を整理し、
それを3年程度、長くとも5年で分割返済できるように交渉していきます。

管理人自身、任意整理の経験者ですので、ある程度中身も知っています。
それをお話していきますが、もう10年以上も前のことです。変わっているものは変わって
いますので、どこまでフォローできるかはわかりませんが、参考になれば幸いです。

あなたに合った法律事務所を見つけましょう。
借金問題を解決したいのならまずは無料相談から始めましょう。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。