さて、任意整理を正式に依頼すると、新契約(和解契約)の返済以外はやることは殆どありません。代理人にお任せですから。まあ、そのために仕儀とを依頼しているのでね。

任意整理を依頼すると、返済と取り立てが止まる

何もしないというのは、返済も和解契約締結までは返済もしないし、しなくても取り立てもありません。つまり、一時的ですが、お金の心配を全くしなくて済む生活を送ることができます。

実際、私の時も取り立てはありませんでした。直接債権者には返済もしていません。

もちろん、実際には法律事務所には予め返済するお金を7万円づつ収めていましたけど、心理的には何とも言えない「身軽感」を味わうことができるでしょう

これは、そういう風になっているからです。
任意整理の正式契約を済ますと、任意整理受任通知が各債権者に送られ、「正当な理由なき」債務者との直接交渉が禁止され、取立てから開放されます。

任意整理受任後の流れ

今現在、取り立てて苦しんでいる方、任意整理を依頼すればすぐに取り立ては止まりますし、返済も止まります。

まずは無料相談から始めてみましょう!

和解交渉はどうやって進めるのか

この辺は、関知することは基本的にはないので知らなくても良いと思いますし、私も細かくは知りません。教えて頂いて知っているのは、取引履歴開示請求からそれに基づいた利息制限法による債務額引き直し、和解交渉、再契約まで。こんな流れのようです。

ここまでどのくらいの時間が掛かるかは債務状況によります。仮にどこかで過払い金が発生していたら、半年ぐらい掛かるかもしれません。そうでなければ、2~3ヶ月ぐらいじゃないでしょうか。

私の時は、1箇所、取引履歴開示請求に手間取り、全ての債権者と和解契約が終わるまで半年掛かっています。
ちなみに、その債権者とは債務不存在和解契約になりました。

途中、何度か途中経過の報告をしてくれ、和解完了後の確認に足を運んだくらいです。
返済は、すべて代理人を通して行われ、費用と一緒に分割になります。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1