多重債務者の問題というものが発生するのは、理由はさまざまだと思いますが、
第一に借りる側、債務者側に問題があるのはいうまでもありません。

クレジットカード依存の危険性・・・

例えば、クレジットカードというものがありますが、
これは非常に便利なものであるということは皆さんが周知のとおりですね。

その場で現金の持ち合わせが無くても買い物ができるんですからね。
言うまでもありませんが、その場で現金が必要ないというだけのことで、実際は借金です。

ということはクレジットカードを普段利用する人は、その分「借金をしやすい」状態であるといます。

別にクレジットカードが悪いというつもりはありません。
立派な文明の利器ですし大変便利なアイテムだと思います。
が、クレジットカードでショッピングする事に依存しているということは、
借金に依存する癖があるのは、動かしようのない事実です。

借金依存癖とは

自制が利く人はそいういことを心配する必要はないでしょうが、
自制が利かない、借金依存癖人は、そういうことの後先考えないで限度枠いっぱいにカードショッピングをしてしまうんですね。借金をしていることに気付いていなんでしょうか。

そうなんです、
借金依存癖がある人は、借金をしているという意識が希薄、あるいはない人といえます。

カードショッピングのお話をしましたが、
直接キャッシングをすることも全く同じことであるのはいうまでもありません。

世の中を「2つのタイプ」に分けると

ところで。
世の中の人を「借金」というキーワードでくくると大きく2つに分けられると思います。
「借金をしない人」と「借金をする人」です。

借金するのが嫌いな人

「借金をしない人」は、とにかく借金をすることが大嫌い。
住宅なんかは別でしょうが、基本的には大きな買い物でもキャッシュ買いです。
何でもかんでもキャッシュ買いです。

少数ですが、こういう人も確実に存在します。 実際、私の友人でこういう人間がいます。
彼は、いまどき珍しく、クレジットカードを持っていません。
持てないのではなく、自らの意思で作らないのです。
そこそこ稼ぎがいいのもありますが、総額350万円もの車もキャッシュで購入。

ただし、家は借金で購入しましたが(笑)。
それでも、自分たちの貯金と自分の実家と奥さんの実家からの借金で賄ったそうです。

借金をする人

他方、「借金をする人」ですが、借金をする人も2つに分けられます。

ひとつが「必要とあらば借金をする人」。住宅や車等、大きな買い物にはローンを組む。
海外や買い物でクレジットカード を利用する。 世の中、一番多いタイプでしょうね。

それと「借金をするのに殆ど抵抗を感じない人」。このタイプが一番問題です。「借金を借金とちゃんと認識できない人」と言い換えるとわかりやすいと思います。

まさに、上でお話ししたタイプの後先考えないでカードショッピングしまくる人です。
約1ヵ月後にびっくりするような請求書が送られてくることを考えない人。

こういう人が最も多重債務者になりやすいです。

以前の管理人はこのタイプ

お恥ずかしい話ですが、以前の私はこのタイプの人間でした。
借金をすることに頓着しなかったんですね。それも、若い、学生時代からそうでした。

今は、任意整理をして、というか、「痛い目」に遭ってからは、どちらかと言うと、借金をするのが怖くなりました。「できれば借金をしたくない人」になりましたね。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1