こちらのページは、「グレーゾーン金利とは」からの続きになります。

グレーゾーン金利は本来的には違法利息になるわけですが、一つの
規定によって合法化されていたのです。

その規定を「みなし弁済」規定です。
この「みなし弁済」規定とは、一定の条件を満たした利息の支払いは、
消費者の任意の利息の支払いである、債権者が無理やり徴収した利息
ではないとするものなんですね。

雑な言い方をすれば、
「利用者が勝手に利息を払った。それを受け取っただけ」ということ
です。なんかむかつきますが、こういう規定を「みなし弁済」
規定を呼んでいたのです。

旧貸金業の規制等に関する法律、通称、貸金業規制法です。
その中の43条です。

旧貸金業法43条

利息制限法超過利息であっても(中略)債務者が任意に利息として支払った場合は有効な利息の弁済とみなす

貸金業規制法(旧法はこんな呼び方していました)は、消費者金融会社や、
クレジットカード会社などの貸金業が商売として貸し付ける場合について
取り決めた法律です。

そして、同43条では、ちゃんと商売をする代わりに、金利については
一定のルールを守ることにより、出資法の上限金利の範囲内で、
利息制限法の上限金利より超えてもいいですよと認めていました。

その一定の要件、これらのひとつでも欠けるとグレーゾーン金利は無効
になりました。

  • 貸主が貸金業登録業者であること。
  • 利用者が「利息」として支払ったものであること。
  • 利用者が「任意」に支払ったものであること。
  • 法17条の書面を交付していること。
  • 法18条の書面を交付していること。

もうここではいちいち解説はしませんが、
以上のような要件を満たすと、みなし弁済と認められ、
グレーゾーン金利をグレーではなくシロにしていたのです。

グレーゾーン金利は法改正で消滅

これが、グレーゾーン金利のおおよそです。

これが多くの多重債務者を生み、未だにその「後遺症」に借悩む
人間がいます。そして、今となっては法改正によって消滅しました。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。