借金が出来るか否かは結局、その人の「信用」の問題なんですよね。
信用とはつまり、貸してもちゃんと約束通りに返してくれるという信用。

しかし、ただ単に信用と言っても、漠然としています。ある人には信用されていて、
ある人には信用されてない、ということは普通にある話です。

「あの人は信用できる人」というのは、単なる印象の場合だってあるし、
一次情報でなければ、「ただの人から聞いた話」にすぎないということになってしまいます。

ようするに、信用に値する「しっかりした根拠」がないんですよね。
ですから、信用できる人というのは、客観的な根拠がなければならない。

個人信用情報とは、クレジットヒストリー

ここで言う「信用」とは、経済活動における信用になります。
経済活動に不可欠な金銭ないし財産等の取引における信用です。

いわゆる「クレジットヒストリー」のことです。

割賦販売法では「購入者の支払能力に関する情報」と定義づけられています。
新規の貸し付けをする際、「この人はお金を貸して大丈夫な人かどうか」審査されますが、
その大丈夫かどうかの判断材料が信用情報です。

どこからどれだけ借りているのか、返済状況はどうなのか、
過去もしくは現在どこかで事故(返済の長期延滞、契約変更、債務整理等)を起こしていないかどうか、記録されています。

その情報をもとに、
さらに職業、勤続年数、年齢、担保の有無等を検討して新規貸付するかどうかを判断します。
このように、信用情報はキャッシングを受ける者、与える者にとって非常に重要な情報です。

では、その信用情報は、誰が、どのようなところで管理されているのでしょうか。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1