個人再生手続きは、結構大変で、債務者自身でも理屈では出来ないこともないですが、現実問題としては無理です。そこで、法律家に代理として仕事を依頼することになろうかと思いますが、どんな人が個人再生を検討・相談すると良いでしょうか。

もちろん、どんな債務整理方法が相談を受けた人にとってベターなものかは、相談を受けた法律家が判断するものです。素人の債務者自身がこれが良いと思っていても、物理的に難しかったり、それよりも良い方法がある場合があったりします。

そうしたことは前提の上で、素人なりにも考えておくことは相談する上でより良い方法に導けるものだと思います。

では、ちょっと考えてみましょう。

個人再生は高額債務者向けの債務整理

債務整理は、個人再生、自己破産のほかに、任意整理、特定調停があります。

あくまで比較論ではありますが、個人再生、自己破産は、任意整理、特定調停よりも高額債務者向けといえるでしょう。実際、個人再生の要件のひとつとして、「債務額が5千万円以下(住宅ローンは除く)」とあります。

目安がどのくらいの借金があればアレ、とはいえませんが、1千万円以上の借金がある方は、個人再生も検討してもいいのではないかと思います。

管理人の場合は・・・

ちなみにですが、私、管理人は任意整理をしましたが、当時サラリーマンで年収が600万円程度、借金が約500万円でした。この程度だと任意整理で大丈夫だったということでしょう。最も、当時は個人再生という手続きがあったかどうかは微妙な時期だったのですけどね。

仮に、当時の私の収入で借金1千万円を超えていたら、任意整理では残債務の返済が難しかったかもしれません。個人再生があれば個人再生が良かったのかもしれません。

住宅を失いたくなければ個人再生か

個人再生の特徴は、住宅を失わずに済むという点があります。
例えば、住宅ローンの返済中だと、その住宅に抵当権が設定されていて、返済が滞れば競売に掛けられ、マイホームを失うことになるでしょう。

また、自己破産では財産として処分することになるでしょう。

とすれば、マイホームを守りたいなら、個人再生一択ではないでしょうか。まあ、マイホームを失うことを是とする人はいないでしょうから、そういう方で高額な借金がある方は、個人再生を積極的に検討しても良いと思います。

もちろん、前述したとおり、素人の見立てです。すぐにでも法律事務所を見つけて相談すべきでしょう。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1