ここで個人再生のメリット・デメリットについて確認しておきましょう。

この個人再生は、自己破産との類似性があり、任意整理とも共通点があるわけですが、そういった視点デメリット・デメリットを見てみると良いと思います。

メリット

個人再生の最大のメリットは、住宅を失わずに再生を図ることができるという点でしょう。この点、個人再生と比較されるのが自己破産です。

自己破産は、原則として換価できる財産(もちろん、住宅のような不動産はここに含まれます)はすべて失った上で免責されるという制度なのですが、個人再生は、住宅を維持することができるのですね。

築き上げた財産を失うというのは悲しいものがあるでしょう。特に家なんてものはその最たるもの。でも、個人再生なら失わずに済むのです。これは個人再生の大きなメリットといえるのではないでしょうか。

もう一つ、自己破産と比較してもメリットは、借金の中身は問われないということ。

自己破産って、免責されるか否かの審査みたいなものがあります。単なる浪費やギャンブルでの借金は、免責が認められない可能性が高いといわれています(絶対ではないらしいですが)。

しかし、個人再生はその内容は問われません。つまり、浪費やギャンブルでの借金も個人再生できるということです。

デメリット

これは、どの債務整理も共通していることなのですが、個人信用情報に事故情報として個人再生の記録が保管されることになります。この事故情報が付くとどうなるかは、ご存知の方も多いと思いますが、一定期間、借金ができなくなります

期間にして、最低5年。もっと掛かるかもしれません。

それともうひとつ。
官報にその旨載ります。

まあ、官報なんて見ている人はごく少数だと思われますので、デメリットとしてはかなり限定的だと思いますが、事故情報については、結構なデメリットだと思います。

最も、これも借金癖を治す一環だと前向きに捉えれば良いと思います。私のように時間が経てば慣れると思いますし。ただ、こうしたメリット・デメリット、計りに掛けて検討して頂ければと思います。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1