あなたが多重債務状態だったとしても、
自力で借金を返済していける状態だったとします。

それはどんな状態かというと、
月々の返済はキッチキチだったとしても、なんとか遅れることもなくできている、
キツイけど。

でも、ボーナスはフリーで何とか日々過ごせている、と。

こういう状態の人であれば、
是非、ボーナスを返済に回してほしいと思います。
1回分でも2回分でも、そうしてあげれば、自力で多重債務から脱出できる可能性があります。

私も、任意整理の残債返済の時、ボーナス時50万円返済ということをやっていました。

確かに心苦しいと言いますか、寂しものがありましたが、
この寂しさの代わりに日々、お金にびくびくしない生活があるのだ、
そういう日が少しでも早く訪れるように、
ということを考えれば、我慢もできました。

私の場合、これを4年ちょっと続けていましたが、
それ以前の数年(多重債務で苦しんでいた頃です)に比べれば、
はるかに精神的に安定感のある生活を送れていた
ものです。

こういうことが可能な状況の方であれば、そうすることを強くお勧めします。
そういうことが可能な方は、まだ多重債務の「症状」が軽い方です。
早期発見ということばもありますし、多重債務は早期発見が一番です。
早いうちに芽を摘んでおくことが大事。

もちろん、苦しみも比較的軽めだし、
その苦しみ脱出もいくらか早いでしょう。

この時の返済のコツをお話しておきましょう。

自力返済のコツとは

返済のコツは、債権者を一つでも減らしていくようにすると良いと思います。
どういうことかというと、まんべんなく返済していくのではなくて、
1社集中で返済して完済に近い状態にしてしまうように返済していくということです。

なぜまんべんなく返済せずに1社集中で返済していくべきなのか?
それは、名実共にこうした方が良いからです。

モチベーションを促すために

「名」の方は、一つの成功体験みたいなものです。
後のことを考えれば、やる気になれます。

ダイエットだって、結果が明確に出ていれば、
次のステップへのモチベーションになるでしょう?

借金だって、1つ減れば「よっしゃ!」次!」と思いますよ。

その点、薄くまんべんなく減らしても、微妙な感じになります。
印象的にも、減ってるんだろうけど、その実感がイマイチ薄い。
だったら、1社2社減らしていった方がはるかに前向きになれるはず。

利息の負担を軽減できる

もうひとつ、「実」の方ですが、
1社づつ減らしていった方が最終的な返済額は違ってきます。
つまり、効率よく完済できるということ。

これは借金一本化の理屈と同じです。
複数債務を返済していくよりも、利息の負担が軽減されます。

1社2社完済、あるいはそれに近い状態にまで持っていくことができれば、
もう月々の返済もそれほど苦ではないでしょう。

できる範囲で月々の返済額を増量していけば、それだけ借金自体が完済できるでしょう。
まだ早期の多重債務でしたら、こういうこともできる人も結構いるのではないかと思います。

自力で借金返済していくには稼ぐしかない!

では、自力で借金を返済していくにはどうしたらいいでしょうか?

それは、「今」以上にお金を稼いで、借金を返済していくしかないのではないでしょうか。

債務整理などで借金減額していく方法は避けたいのなら、もうそうするしかありません。裏技で魔法みたいに借金を消すことは無理なのですから。
参照:「借金を無くす方法はどれだけある?」

もちろん、それができれば誰でもそうしていることでしょう。

バイト・副業してみます?

もうだいぶ前になりますが、以前私が2回ほどしたことがあるアルバイトはいかがでしょうか?

20代の前半に友人に誘われて2度ほどやりました。結構な高額バイトで超短期、場合によっては土日でできる案件もあるはずです。

このバイトがあなたの借金返済に貢献できるかはわかりませんし、バイトする時間さえ取れるかもわかりません。ただ、数万円の謝礼を手取りあるいは後日振り込みでもらえるので、可能な人にとって結構おいしいバイトだと思いますし、借金返済の足しにはなるはずです。

興味がある方は、こちらから確認してみてください。別に怪しくないです。大丈夫ですよ(笑)。

治験モニターで自力で借金返済してみる?

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1