さて、自己破産。

最近数年前のピーク時には、実に年間24万件を超す自己破産申し立てが各地方裁判所になされましたが、年々減少傾向だそうです。それでも、かなリの数の申し立てがなされているようですよ。

裁判所を利用する債務整理は、この自己破産の他に個人再生特定調停がありますが、この3つの中では申し立て件数はダントツです。それだけ自己破産せざるを得ない方が多いということなのですが。

ではその自己破産についてお話していきましょう。

自己破産の概要

自己破産は、借金整理の最後の最後の手段と言われています。では、その自己破産とはどんなものなのでしょうか。

自己破産とは、債務を今後継続的に返済できない状態つまり、支払い不能の者が、裁判所の申し立てて、その支払を免除してもらうこと認めてもらう制度す。何らかの形で借金をしその返済について、継続的な収入がない、返済に充て得るほどの財産もなければ、それは完済できないということになります。

「返済不能」ですね。
返済できないなら仕方がない、ということで裁判所などが色々調べて
借金チャラにしましょうという制度です。

「色々調べる」とありましたが、ただ単にチャラにできるわけがありません。
簡単にチャラにしてしまったら、借りたもん勝ちになってしまいます。債務を消すということですから、ある意味では超法規的措置です。時効完成以外では、債務は履行しないと消えないわけですから。というわけで色々調べます。

本当に財産がないのかとか、本当に支払い不能なのかとか、チャラにしちゃっていいかとか。結構しっかり調べられるようです。そして、調べた結果、免責されない場合だってあります。チャラにできないということです。

統計では免責率は9割を超えているようですが、
それでも10%弱は免責されていないのですね。

自己破産は決して「おいしいとこ取り」ではない

さらに言えば、財産がある人は、最低限必要なものだけを残して失うことになります。例えば、家や不動産などの財産がある人が自己破産を申し立てた場合、家や土地などは金銭に換価されて債務の充当に当てられるでしょう。

家などは生活に必要なものともいえますが、別にその家でなくともどこか借りればそこに住めます。そこである必要がありません。それよりも、少しでも借金を返しておけということです。

詳しくは他ページに譲りますが、
自己破産は、借金を免責してもらう制度ではありますが、そう簡単ではないよ、
おいしいとこ取りではないよということを言いたいわけです。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。