自己破産のメリット・デメリットですが、自己破産とは、その大きな効果(メリット)ゆえ、その反動(デメリット)もそれなりなものと考えます。債務整理というものは、不利益を蒙るものですが、それぞれその度合いは違います。

自己破産は、その度合いが最も大きいと思います。例えば、任意整理などと比べると、次元が違うとも表現できます。
ただ、自己破産以外では立ち直る術がないというのであれば仕方がありません。「いちからやり直し」と考えることができれば、せめてもの救いと考えます。

メリット

自己破産の大きな特徴、それは、原則として、債務が免責されることです。免責というのは、債務を免れるということ。債務の消滅です。これは債権債務の常識からは考えられないことなんですね。

他の債務整理は、債務を減額して残債務を返済していくスタイルなのですが、こちら自己破産は違います。免責が裁判所に認められれば、もう借金は無し。ここが大きな特徴でありメリットになります。

デメリット

財産を失う

自己破産の「裏」の特徴とでもいいましょうか、悪い意味での特徴は、財産と呼べるものがあれば、原則としてすべて手放さなければなりません。もちろん、生活に必要な最低限なものは残すことも可能ですが、基本的には財産というものはすべて差し押さえられると思ってください。

家や土地などの不動産(別荘も含め)、車の類、有価証券等、資産価値のあるものはすべてです。

場合によっては、職業選択、移転の不自由がある

これは一定期間、手続きが終わるまでの間ですが、一定の職業はできません。
弁護士・司法書士・公認会計士・税理士・社会保険労務士・行政書士・警備員・取締役などです。

また、手続き終了までは引越しや長期の旅行には裁判所の許可が必要になります。

これらは限定的ですが、例えば、会社役員が自己破産したら、その人は役員を降りることになりますよね。これは大きな不利益ですよね。

個人信用情報に自己破産の記載が載る等

他の債務整理と同じく、自己破産として事故情報が載り、一定期間、借金はできなくなります。また、個人再生の場合と同じく、官報に載ります。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1