今となっては「過去のもの」なのですが、総量規制だの何だのって、
法改正に至る歴史を知る上では欠かせないキーワードになり、
一部の債務整理とは非常に密接に関係あるものなんですね。

ちなみに、グレーゾーン金利とは俗語です。

「グレーゾーン」って、どんなゾーンなのでしょうか。

グレーゾーンの「ゾーン」とは、利息利率帯のことで、ある一定の
利率帯です。利息制限法の15~20%と旧出資法の29.2%の間に
囲まれた利率帯のことを言いました。

この利率帯は、「無効であるが罰則はない」といった、曖昧である
が故に白黒ハッキリしないということでこう言われていたのでしょう。

以前は、消費者金融をはじめとした多くの貸金業者がこのグレーゾーン
金利で営業していたため、無知である消費者を苦しめる社会問題の根源
になっていました。

利息制限法と出資法の狭間

利息制限法のところでお話しましたが、同法で規定されている利率を
超える場合、その超過分については無効金利です。

具体的に、

  • 債務元本が10万円未満の場合・・・20%
  • 債務元本が10万円以上100万円未満の場合・・・18%
  • 債務元本が100万円以上の場合・・・15%

となり、この利率を超える場合、その超過分が無効金利となります。

そして、出資法による刑事罰を受ける場合が、29.2%での貸付利率です。
ご覧のように、利息制限法違反をしても罰則はなく、
そこから出資法違反になるまで違反ですけど、罰則はないのですね。

あくまで民事上の違法行為であり、そして、
これについて違反した場合のペナルティーが規定されていないのです。

白でも黒でもない、グレーだからグレーゾーンですね。
下の図のイメージです。

グレーゾーン金利解説図

100万円貸し付けるに当たって、利息制限法によれば15%が上限金利なん
ですが、25%の金利で貸し付けても利息制限法違反ではありますが、
何の罰も受けません。

このグレーゾーン金利、貸金業者が堂々と利用していたのですね。
おかげで、多重債務者が街に溢れ、その分大きな利益を上げていたのです。

グレーゾーンは合法化されていた

ただし、このグレーゾーン金利、
どう見ても違法なのです、

罰則がないだけで違法なのです。

さすがに貸金業者も堂々と違法行為で利益を上げていたわけではありません。
人によって評価は変わるでしょうが、貸金業者は、別に反社会的組織では
ありませんから。

違法行為が合法行為になる規定が存在していました。
それが「みなし弁済」規定です。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。