この頃、はじめて消費者金融に手を出しました。○コムでした。
「○じん君」でしたっけ?無人契約機。まあ、かんたんに貸してくれました。

やっぱりね、生身の人間と対面しないということがだいぶハードルを下げていますよね。
それほどの後ろめたさは感じないで借りれたと記憶しています。
実際には、機械の向こうには生身の人間がいるわけなんですけどね。

最初の限度額はたしか50万円だったと思いますが、1年もすると150万円までになってました。
「限度額あげられますがどうしますか?」なんて言われるとね、「はい」って言っちゃいますよね・・・

あと、この頃に出来た○ビット。新規顧客を広げたいんだろうなってんで、
狙って審査に出しました。案の定、OKでした。

27歳ごろには、債権者は保証会社(車のローンです)除いて4社、
債務額は200万円ぐらいあったと思います。

やっと自分の状況を認識し始めた

この頃ですね、ヤバイかもしれないって感じ始めたのは。
ずいぶんと遅いわけですが、ようやく自分の状況の悪さを認識し始めたんです。

そんなヤバいと感じ始めた頃、家庭の事情で一人暮らししなければならなくなったんです。
以前から一人暮らししなければなって感じていたんですが、借金払ってそれはできないって。
でも、そうしなければならなくなって、余計に危機感を感じていました。

実際にしていくと、やはり相当生活は厳しくなりました。
これまでの「貯金」は底をつきはじめて、新しい「貯金」の確保が必要でした。

で、○ロミスでカードを作成。この頃になると、審査に通るかどうかがもう心配で、
申し込むときは胃がキリキリしていました。

ギャンブルで借金返済しようとするが・・・

同じ頃、競馬で借金を返していこうという、何というか、
今の私では考えられないキテレツな案が浮かびました。ですからね、結構、研究したんですよ。
競馬新聞とか研究本なんかでね。

安くないお金を出してよくあたる(と言われている)予想屋の出す馬券を買ったりして。
当時は、後楽園や立川の場外馬券に行ってよくつぎ込んでました。
競馬って、よく言われることですがトータル的に儲かる人間はごくごくわずかだと思いますよ、ホントに。
そんな私も、勝つレースだって何度かありましたからね。それで調子に乗ってしまうという。

ロトやナンバースの研究もしましたよ。 もちろん買わないと当たることはありませんが、
これに借金返済を賭けるにしてはあまりにも 当選率が低いですよね。

結局ね、当たり前なんですが、借金を返済するどころか、逆に借金は増えました。
もうこの頃は、明日の生活どうしようってな状態でしたよ。
親には申し訳なくて相談なんて出来ませんでしたし、友人にも彼女にも話せませんでした。

ついに借金500万円。そして、任意整理へ

つまり、私一人で悩んでいたんです。
2002年の正月明けあたり、借金総額が約500万円になっていたんです
(この事実は後で分かりました)。

この当時の私の年収は、確か、600万円前後だったと思いますが、
手取り額にすれば、500万円は完全に年収を超えた借金です。

普通ね、借金なんて年収の3割がリミットなんていいますが、
私の場合、リミットの3倍超の500万円です。

この頃は、完全にパニック状態です。
当然、正月どころではありませんでした。

普段から、動悸が止まらないんですよ。
借金のことを考えると、余計激しい動悸が襲うんですが、考えずにはいられないんですね。

これでは、借金が増える一方だ、というか、破滅してしまうと思っていました。
今だから言えますが、借金を抱えて自殺する人の精神状態ってこういうのかな、
って分析なんてしていましたね。

このあたりが、2002年1月20日頃でしょうか。
返済期日が過ぎているのが2件くらい、携帯に電話が来ています。
家の留守電にも入っています。限界を感じています。

そして、このすぐ後、10日後ぐらいですか、新規のカードローン審査に落ちたところで限界が来ました。

自殺しようかななんて一瞬よぎりましたが、
思い止まり、たまりにたまった借金を返済する決心がつきました。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1