特定調停自体には、費用が殆どかかりません。
費用的には、印紙代とか切手代とか、手数料程度ですので、
債務が200万円程度であれば1万円かからない程度、500万円ぐらいだったら1万5千円程度だと思います。

もっとも、各管轄によってかかる額・手続が違ったりしますので、一概にいくらとかは言えませんが、どこも大きく違わないはずです。各管轄の簡易裁判所の方でお調べになってください。

調停が始まれば、その間、債権者からの取り立て行為が禁止になりますので、
その意味での平穏は訪れることになります。

また、債権者と債務者の話し合いといっても、
債権者と債務者が直接話し合うことはありません

すでにお話していますが、話し合いは、調停委員を通してになりますので、その点でも安心できるはずです。

さらに、基本的には誰にも知られずにできます。

デメリット

平日に裁判所へ行けない方は、法律家に代理人になってもらう必要があるでしょう。
裁判所は公的機関ですから、土日祭日はあいておりません。

特定調停をご自身で申し立てる方は、
ある程度の借金返済に関する知識が必要であると思います。

考えてみればそれほど完璧に武装する必要はないでしょうが、
しっかりとした返済計画 を示さなければならないので、
そのためにはある程度しっかりした減額シミュレーションする必要があると思うのです。

となると、ある程度の法律知識等は必要でしょう。

さらに、必ずしも話し合いがまとまるとも限りません。
債権者が調停に協力的でないケースもありますし、そうなればもうアウトです。

そういう意味では、素人では厳しいかなという気はしますね。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1