具体的にどんなことやったら事故情報が記載されるかというと、
一般的には「(長期の)延滞」と「債務整理」 です。

信用の失墜とはすなわち、契約の不履行とも言い換えられますから、事故情報と言っても幅は広いです。本来の支払い予定日、つまりクレジットカードなら毎月決まった銀行引き落とし日から 3ヶ月間程度経っても支払いが出来ていないと、それは「著しく信用を落とした」として事故扱いとなり、その事故情報が記録されます。

返済が出来なくなって債務整理をすれば、「契約をちゃんと履行していない」ということで、
その事故情報が記録されます。

これと同じように、金利が高くて返済が負担になっているから、
低金利に切り替えなんてのも同様です。

保証人がいた場合、自分が返済できなくて保証人が代わりに返済してくれた場合も、ブラック登録になります。
自己破産なんて、返済義務を免れられるので、文句なくブラックです。

これらは典型例でありますが、その基準はその業者の「社内規定」という裁量によって差があります。 以前は結構バラツキがあって6ヶ月以上延滞しても事故情報が載らなかった場合もあったそうですが。

事故情報の掲載期間

事故情報は記録されてから長期延滞、
債務整理などは少なくとも5年間、民事再生手続、自己破産は7~10年間は消えません。また、事故情報はあってもなくても借入があれば、完済から5年間は完済情報として残ります。

事故を起こした貸金業者には永遠にその記録が残ると言われていますが、おそらくこれは、事故情報と言うものではなく、社毎の記録だと思います。

事故後返済が完了し一定期間を経過しても当該債権者では審査通過できない、通常審査より厳しくなる、といった措置が取られるそうです。

結局のところ、債務整理等の事故情報が一度掲載されると、最短でも5年、
長いと10年はローンは組めなくなりますし、
トラブルを起こした債権者とは金輪際契約できなくなる可能性があります。

このように、債務整理をすればブラックリストに掲載されるのですが、
完済後に過払い金返還請求をした場合には載らない可能性が高いです。
ブラックリストに載ったらどうすればいいか?

カードの申込みも情報として記録される

あと、厳密には事故情報ではありませんが、
カードの申込みも記録されます。

これを「申込情報」と言います。
これ自体はべつにどうってことないのですが、
この申込情報が短期間に立て続きますと、要注意人物とみなされ、
一定期間カードを申し込んでも作ることができません。

注意しましょうね。

あなたも借金解決診断してみる?

一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう。
あなたにピッタリの借金返済の悩み解決策を見つけることができます。

借金解決診断はこちらから始められます↓
借金解決診断1