そもそも「ブラックリスト」ってなんでしょうか?
一般的な意味で言えば、要警戒対象の一覧表のことですが、
借金返済における「ブラックリスト」って何を意味するんでしょうかね。

ブラックリストというと、まるで黒い表紙の要注意人物一覧が書かれている手帳のようなものを想像してしまいがちですが、実際にはそういったリストを指して「ブラックリスト」と呼んでいるわけではありません。

この意味で言えば、ブラックリストと呼ばれるものは存在しないことになります。
ブラックリストとはあくまで俗称であり、実際にはブラックリストと呼ばれるリストがあるわけではありません。

便宜上、世間が勝手にブラックリストと呼んでいるだけに過ぎません。

ブラックリストとは事故情報のこと

じゃあ、ブラックリストって何なんでしょう。

借金ができるか否か?というのは、結局、「信用の問題」です。
「この人はお金を貸しても、決めた通りにちゃんと返してくれる人なのかな?」 という判断は、一見ではわからないものです。

わからなければ、貸す方は心配でなりませんし、約束を守らない人には誰だって貸したくないでしょう。お金ならなおさらです。

その「貸してもいい人かどうか」の客観的判断材料が「個人信用情報」というものです。

例えば、ある人がどこかの金融業者から借金をしたとします。そうしたら、
その事実は、個人信用情報として記録されます。その返済過程も記録されていきます。

さらに、その履歴も記録され、ある一定期間残ります。

個人信用情報を見れば、その人がいつどこからいくら借りて、どういう風に返済して、
いつ完済したかとか一目瞭然です。

その過程で「信用」に傷が付くような出来事があれば、その記録も残ります。
この「状態」を「ブラックリストに載った」と表現します。

つまり、ここで「ブラックリスト」と呼んでいるものは、その個人信用情報に一定期間の延滞や債務整理等をして、債権者との契約の履行が出来ない状態、いわゆる「事故情報」として記載されている、その情報のことを指します。

新たな借金をする場合に、その業者はその人の個人信用情報を参考にしますが、ブラック状態であれば 、
「ああ、この人にお金を貸すのはヤバいな。ちゃんと返してくれないかもしれないな」と判断し、
「すいませんが、今回はご縁がなかったということで」というふうになるのです。

ちなみに、お金を貸していいかどうかは、個人信用情報だけで判断しているわけではありません。
その人の社会的地位・収入・資産等を含めた広い意味での個人信用情報で判断します。
それを与信情報と言います。

事故情報があれば、どこも貸してくれない

というわけですが、もしあなたに事故情報があったとします。

詳しくは、こちらにありますが、あらたな「借入先」は一定期間どこもないと考えてください。借金問題を抱えている方だったら、借りて返すということはもうできないということです。

一定期間とは5年。まともな貸金業者は、ブラックだと貸してくれません。

ショックを感じる方も多いかもしれませんが、過去に同じ経験をしている私からすると、いい機会だと思います。ここが潮時だと思って、借金問題を解決するべきだと思います。

ブラックリストに載ってしまったらどうしたらいいか?

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。