ブラックリスト

そもそも「ブラックリスト」ってなんでしょうか?
一般的な意味で言えば、要警戒対象の一覧表のことですが、
借金返済における「ブラックリスト」って何を意味するんでしょうかね。

「ブラックリスト」は存在しない?

ブラックリストというと、まるで黒い表紙の要注意人物一覧が書かれている手帳のようなものを想像してしまいがちですが、実際にはそういったリストを指して「ブラックリスト」と呼んでいるわけではありません。

この意味で言えば、ブラックリストと呼ばれるものは存在しないことになります。

ブラックリストとはあくまで俗称であり、
実際にはブラックリストと呼ばれるリストがあるわけではありません。
便宜上、世間が勝手にブラックリストと呼んでいるだけに過ぎません。

ブラックリストとは事故情報のこと

じゃあ、ブラックリストって何なんでしょう。

ブラックリストの問題は信用棄損の問題

借金ができるか否か?というのは、結局、「信用の問題」です。
「この人はお金を貸しても、決めた通りにちゃんと返してくれる人なのかな?」
という判断は、一見ではわからないものです。

わからなければ、貸す方は心配でなりませんし、
約束を守らない人には誰だって貸したくないでしょう。

お金ならなおさらです。

その「貸してもいい人かどうか」の客観的判断材料が「個人信用情報」というものです。

例えば、ある人がどこかの金融業者から借金をしたとします。そうしたら、
その事実は、個人信用情報として記録されます。その返済過程も記録されていきます。

さらに、その履歴も記録され、ある一定期間残ります。

個人信用情報を見れば、その人がいつどこからいくら借りて、どういう風に返済して、
いつ完済したかとか一目瞭然です。

その過程で「信用」に傷が付くような出来事があれば、その記録も残ります。
この「状態」を「ブラックリストに載った」と表現します。

つまり、ここで「ブラックリスト」と呼んでいるものは、
その個人信用情報に一定期間の延滞や債務整理等をして、
債権者との契約の履行が出来ない状態、いわゆる
「事故情報」として記載されている、その情報のことを指します。

新たな借金をする場合に、その業者はその人の個人信用情報を参考にしますが、
ブラック状態であれば 、「ああ、この人にお金を貸すのはヤバいな。
ちゃんと返してくれないかもしれないな」と判断し、
「すいませんが、今回はご縁がなかったということで」
というふうになるのです。

ちなみに、お金を貸していいかどうかは、
個人信用情報だけで判断しているわけではありません。

その人の社会的地位・収入・資産等を含めた広い意味での個人信用情報で判断します。
それを与信情報と言います。

事故情報があれば、どこも貸してくれない

というわけですが、もしあなたに事故情報があったとします。

詳しくは、こちらにありますが、
あらたな「借入先」は一定期間どこもないと考えてください。

あなたの借金の解決方法を相談できるところを紹介

街角相談所-法律-

診断料無料24h・365d対応Web全国対応過払い金・任意整理・個人再生・自己破産

毎月約3000人もの方が利用している借金解決診断シミュレーター。
債務整理をした場合、借金がどのくらい減額できるのか、どんな方法で解決できるのかを無料で診断してくれるサイト。そして、あなたに合った弁護士(司法書士)をいくつかピックアップして比較もできます。 毎月約3千人もの方が利用し、80%が解決に至っています。

債務整理無料診断 詳細はこちら

東京ロータス法律事務所

相談料無料土日対応専用電話・Web全国対応過払い金・任意整理・個人再生・自己破産
岡田法律事務所

東京ロータス法律事務所(旧岡田法律事務所)は東京都台東区にある御徒町駅からスグの弁護士事務所です。「債務整理の身近な窓口」としてあなたにとってより良い解決方法を提案してくれます。 相談料は無料・全国対応しております。借金でお困りの方、私たちと一緒に解決しましょう!

無料相談 詳細はこちら

弁護士法人サルート法律事務所

相談料無料24h・365d対応Web全国対応過払い金・任意整理・個人再生・自己破産
弁護士法人サルート法律事務所

サルート法律事務所は東京都新宿区新宿の弁護士事務所です。借金問題解決のプロが最適な方法をご提案させて頂きます。 不安で仕方ないご相談者の身になって親切丁寧な対応を心がけています。まずはメール相談からどうぞ!

無料相談 詳細はこちら

あなたも無料の借金解決診断してみませんか? 2~3のイエス/ノーの質問に答えるだけであなたにあった借金解決方法が見つかります。 一人で悩んでいないで、周りにバレてしまう前に、借金解決しましょう!