「どこに債務整理をお願いすればいいの?」と聞かれれば、殆どの方は弁護士と答えるでしょう。正解です。が、100点満点ではありません。50点です。

弁護士と認定司法書士と答えれば100点です。この弁護士と認定司法書士ってどう違うのでしょうか?

2つは職務権限が違う

弁護士と認定司法書士、いずれも難関国家試験を受けて合格を勝ち取り資格を持っている法律家です。ただし、違う資格なんですね。

弁護士は、文系国家試験最難関といわれる、合格率2~3%の司法試験合格を経て、1年の司法修習後に弁護士資格を取得できます。かたや認定司法書士は、司法試験と同程度の合格率の司法書士試験を突破し、司法書士資格を持つ者のうち、別個に考査を経て認定司法書士になれます。

ご覧のように、難関国家試験を突破してくる法律家ではあるのですが、それぞれ法律によって職務範囲は決められているのですね。

弁護士は、法律・代理業務全般で特に制限は設けられていません。認定司法書士は、不動産や会社の登記手続に関する代理が中心であり、認定資格も、それに民事訴訟に関する権限が付与されます。

職務権限的には、認定司法書士ができる職務は、(得手不得手は別にして)すべて弁護士はできますし、逆に、弁護士ができる職務は、認定司法書士ではできないものもあります。ココ、大事なポイントです。

債務整理でも権限の差は出る

この職務権限の差は、債務整理の場面にも出てきます。

弁護士の場合

弁護士はすべての代理権限(交渉代理権・訴訟代理権)があると考えてください。
すべての債務整理について、代理人として弁護士に任せればよろしいということです。和解契約も弁護士が代理人として締結してくれますし、訴訟になれば手続すべて任せられます。

弁護士は、債務整理について、すべての職務権限があるということです。だから、どんな債務整理でも弁護士事務所では全編において依頼可能。

債務整理 京橋 樋口総合法律事務所

債務整理 新宿 サルート法律事務所

債務整理 上野 岡田法律事務所

認定司法書士の場合

他方、認定司法書士は、この点、いろいろ問題が出てくる場合があります。
交渉代理権・訴訟代理権に制限があります。いち債権者につき、140万円を境に、それ以上になると、認定司法書士には交渉代理権・訴訟代理権がなくなります。

これは弊害が出てくるというか、弁護士に依頼した場合のようにはいかなくなる場合が時としてあります。具体的にどうこうとは言えませんが、債務状況によっては(例えば、個人再生自己破産)、代理人として債務整理をすることができなくなるし、債務者本人にも動いてもらわなければならないようなことがあるかもしれません。

だったら、最初っから弁護士に依頼した方が良かったなんてことがあり得るわけです。

その上で認定司法書士に依頼するメリットは

ただ、弁護士に依頼するよりも認定司法書士に依頼する方が、費用的には安く済むようです。その点は大きなメリットといえるでしょう。ですから、権限の違いによるリスクを承知の上で考えれば、認定司法書士に依頼した方が、コスト的には経済的といえます。

さらに、こういったことを承知の上で、比較的少額の場合の特定調停や任意整理だと弁護士に依頼するよりも認定司法書士の方が低コストかもしれません。

例えば、アヴァンス法務事務所。こちらは、司法書士事務所ですが、債務整理に関する費用は弁護士事務所よりも低価格と言えますし、弁護士事務所がしてくれないような債務整理にも対応ができる場合があります。→ 債務整理はアヴァンス

コスト云々よりも、とにかく面倒くさいことは一切ヤダ、最初っから最後まですべてお任せしたいというのであれば、弁護士一択で良いと思いますし、それほど借金は膨大ではなく(いち債権者からの借金が何百万円もない場合)、コスト重視というのであれば、認定司法書士に債務整理を依頼してもいいかもしれません。

あなたの借金返済をnavi.します

おすすめの借金返済の悩み相談所

任意整理・過払い金返還・個人再生・自己破産等の相談、
あるいはそんな具体的でなくともとにかく借金返済の悩みがある、
という相談でも良いと思います。

ここからが本当の第一歩だと思います。